手作りのある風景handmade

こんにゃくができるまで

現在、日之影町でこんにゃく唐揚げを製造しているのは、旬果工房てらすを経営する岡田原史(おかだもとし)さんたった1人。
こんにゃくは手作りにこだわっており、市販のこんにゃくで使われている水酸化カルシウム、炭酸ナトリウムなどの凝固剤は一切不使用です。手作りの木灰を凝固剤として使用しており、大きな釜戸にてじっくり茹で上げるこんにゃくは絶品です。

生地づくり

こんにゃく荒粉・精粉をミキサーにかけ、手で揉みこんでいく
(1時間ほどねかせます)

こんにゃく荒粉 ミキサーにかける 手で揉みこんでいく

火おこし

釜戸に水を張り、火をつける
(薪は岡田さん自ら調達し、薪割りまで行っています!)

釜戸に水を張り沸かす 釜戸に火を付ける 薪は岡田さん自ら調達し、薪割りまで行っています

木灰入れ

こんにゃくに手作り木灰を入れ凝固させる
(木灰のさじ加減が難しいので、この時岡田さんはこんにゃくと会話します)

成形→茹でる

丸く形成しながら釜戸で約1時間茹であげる
(丸くする技術は意外と難しいんです!)

丸く形成 釜戸で約1時間茹であげる

完成

茹で上がったこんにゃくを唐揚げ用に一口大にカットしたもの

茹で上がったこんにゃくを唐揚げ用に一口大にカット